• 残りわずか
  • オススメ
  • 限定品
商品コード:
cq-0077-20a

宜興留佩壺A紫砂壺 120ml  1客

販売価格(税込):
2,900
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
【中国茶器】
【中国茶器】 > 茶壺・茶道杯

★宜興の良質の紫砂茶壺です。★

茶壺は、1品1品、品質を確認して仕入れております。
数年前に比べて価格も数倍になっております。
なかなか良質の茶壺が安価で手に入りにくくなっております。
茶壺の材質も良質で、蓋のガタもありません。
良質の茶壺が安価で入手出来ました。



紫砂壺は、宜興(yixing)の名品茶壺として非常に有名です。

宜興市は、上海から車で3時間程度の江蘇省の無錫旅情で有名な無錫(むしゃく)市に位置し、
陶器づくりが盛んなことから陶都と呼ばれます。

この土地が有名なのは紫砂と呼ばれる独特な陶土があるためで、
この陶土で作られる茶壺(きゅうす)は紫砂茶壺として珍重され、
原石に紫色、紅色、緑色の成分が含まれるため「五色の土」とも呼ばれます。

萩焼のように釉薬を使わず、原石の陶土の色がそのまま茶壺に反映し、
茶色や黒色、緑色、柿色、黄土色など様々な色の茶壺が作られます。

良質な紫砂壺はお湯の温度が非常に冷めにくく、
お茶成分が茶壺に吸着して、おいしい烏龍茶を淹れることができます。
紫砂は独特な土の成分と気孔があるため、水は通さないが蒸気は通すという独特な性質を持ち、
お茶の香りを吸着しまろやかにします。その為、紫砂茶壺は、お茶の種類ごとに茶壺が必要です。

良質の茶壺は、蓋で入れ口の部分を軽く滑らす(こする)と、固い金属のような音がします。
磨いたり、養壺筆などでかわいがり(養壺)、長年使うことで、
お茶の成分が茶壺に染み込み味わいのある茶壺となっていきます。

宜興の紫砂壺といっても、安価な量産品タイプは、ろくろを併用したり、
型出しとよばれる型に叩き出した板を押しつけて成形したものです。
紫砂の原料も低級のものまたは違う原料が使用されます。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。